結婚式に向けて準備する事

結婚式をする事が決定した場合は、式に向けてさまざまな事を準備しなければいけないです。準備しなければいけない事が多いので計画的に準備していくようにします。そこで、大まかにどのような準備が必要なのかお話しますね。

結婚式に必要な費用を準備する

招待する人を決める

ウエディングプランナーを探す

結婚式の招待客について

結婚式を行う時には、招待客について考える必要があります。どのような人を優先的に招待していけば良いのか、費用を削減するためにどうすれば良いのかなど大事な部分が多いです。これから、結婚式の招待客についてお話しますね。

招待客は今までお世話になった人を優先する

結婚式を行う場合、悩むポイントの一つとして招待客選びや、接待が挙げられます。思い浮かぶ人を全員招待したくても、式場の都合などで難しい場合がほとんどです。仕事での付き合いや、友人との交際範囲が広い場…

早めに招待客に連絡をする

結婚式を行う場合、招待客への招待状の発送は重要な事柄の1つです。時期としては一般的に式の3ヶ月前、遅くとも2ヶ月前までには発送を完了させたいところです。理由としては2つあり、1つは招待客が早めにス…

費用を削減したい場合は親族間だけで式を行う

少人数の挙式にぴったりの会場を見つけましょう

結婚式の費用を削減したい場合は、親族だけを招待して少人数の挙式ができる会場を探すことが大事なポイントです。たとえば、大小さまざまな規模の会場が用意されている専門式場は、費用を抑えつつドレスや指輪の手配などの人気のサービスを申し込めるため、多くのカップルから注目が集まっています。また、専門式場にこだわらない人は、自由な使い方ができるゲストハウスやレストランなども候補に入れてみると良いでしょう。最近では、専門式場以外の結婚式の会場を探せるサイトやアプリも登場しており、予算が少ない夫婦も希望条件に合うところをすぐに見つけることが可能です。なお、会場の装飾や照明、レイアウトなどにこだわる際は、数か月前から準備を始めることが大切です。

結婚式の時期にこだわらない夫婦は夏や冬の平日がおすすめ

結婚式の時期にこだわりがない夫婦は、挙式の希望者が少なくなる夏や冬の平日を狙うことがおすすめです。特に、数人から十人ほどの親族だけの結婚式を専門式場で行う場合は、会場の広さや挙式の時間、披露宴の料理のメニューにもよりますが、挙式費用を二百万円未満に抑えることも可能です。若年層のカップルを主なターゲットとしている専門式場の中には、閑散期の平日限定プランを用意したり、お日柄が悪い日に大幅な割引をしたりしているところも少なくありません。そこで、費用の安さに着目して式場選びをするうえで、結婚式の基本料金だけでなく、お色直しや写真撮影などのオプション料金についても契約前に担当のプランナーと確認しましょう。