招待する人を決める

グループごとに招待する人をピックアップしてチョイスする

結婚式で招待する人を選ぶときに、思いつくままに名前を挙げていくのは抜け漏れが発生する確率が高いのでやめた方が無難です。招待する人は「親戚」「高校(大学)の友人」「会社の同期」「上司」など、いくつかのグループをつくってその中で名前をあげていくようにしましょう。この時は特に条件などは考えず、よびたいと思った人は全て書きだすようにします。一通り名前をあげたら、その中で「絶対に招待する人」「出来る限り招待したい人」「難しければ諦めてもらう人」で優先順位付けをします。親戚については両親の意向をこの時点で確認しておくと、後になってもめることを避けられるのでぜひ意見を聞いておきましょう。優先順位付けが出来たら、会場規模とテーブル数に見合った形で誰を招待するかをチョイスしていきます。新郎新婦でだいたい同数のテーブル数になるとバランスが良いでしょう。

必ず相手の招待する人は確認しておく

自分の招待する人が一通り決まったら、相手の招待する人についてもお互いに必ず確認しておきましょう。たとえば、あなたはカジュアルな式を希望していて友人を中心に招待していたとしても相手が職場の人を中心に招待していたとしたら、カジュアルな式にするのは難しくなってしまうかもしれません。招待する人はそれぞれの知り合いであっても、結婚式自体は二人のものです。一体感のある式にするためにも必ず招待する人のチェックは忘れずにしましょう。どうしても雰囲気がマッチしないという場合には、式自体はかための人をよんで式典の要素を強くし、カジュアルな場は二次会で設ける、などの工夫もできるので二人でよく話しあって決めるようにしましょう。