早めに招待客に連絡をする

招待状の発送は式の2~3ヶ月前まで

結婚式を行う場合、招待客への招待状の発送は重要な事柄の1つです。時期としては一般的に式の3ヶ月前、遅くとも2ヶ月前までには発送を完了させたいところです。理由としては2つあり、1つは招待客が早めにスケジューリングできるようにということが挙げられます。仕事や家庭の都合によって、例え数ヶ月先の予定でも早めに押さえておかなければ時間がとれないという人もいます。期間に余裕をもって発送すれば、招待客も予定を考えやすいでしょう。もう1つは、早めに招待客をリストアップし、席次や料理・引出物の準備などを進めるためでもあります。特に席次は結婚式において、悩みがちなポイントでもあるため、できる限り早い段階で検討することをおすすめします。

特別な役割をお願いする人には招待状発送より早めの連絡を

一般の招待客には招待状の発送で出欠確認をすればOKですが、特別な役割をお願いする人には、招待状の発送よりも早めのタイミングで直接連絡をしましょう。特別な役割とは、仲人、友人代表挨拶、受付、二次会幹事などのことです。このような役割は、結婚式において重要なので、事前にお願いするのがマナーです。また、お願できるかできないかによって結婚式の内容も変わってくるため、できる限り早い段階で個別に連絡し、結婚式に出席してもらえるかどうかと、役割をお願いできるかどうかを確認しましょう。

早めに動いていれば、もし役割をお願いした人が出席できない場合も、時間の余裕をもってほかの人にお願いできます。結婚式はやらなければならないことがたくさんあり、段取り勝負です。しっかりスケジュールをたて、後ろ倒しにならないよう準備を進めていきましょう。