招待客は今までお世話になった人を優先する

結婚式で優先すべき招待客

結婚式を行う場合、悩むポイントの一つとして招待客選びや、接待が挙げられます。思い浮かぶ人を全員招待したくても、式場の都合などで難しい場合がほとんどです。仕事での付き合いや、友人との交際範囲が広い場合は、特に招待客の選択が難しくなります。また、結婚相手との交際範囲も考える場合があります。

結婚式の招待客を選ぶ場合は、今までお世話になった人を優先しましょう。結婚式は自分たちのお祝いだけでなく、両親や親族をはじめ、仕事などでこれまでお世話になった人たちに感謝とお礼を示す場でもあります。そのためには、感謝の念を示したい人たちを優先して、招待することが大事です。また、新しい家庭を築くスタートとしても、感謝することは必要な心構えではないでしょうか。

お世話になった招待客にお礼しよう

今までお世話になった人たちを優先して結婚式に呼ぶ場合は、感謝の気持ちでおもてなしすることも必要です。例えば、結婚式の席次表などに、小さくメッセージを添えるだけでも、思いは十分に届くのではないでしょうか。結婚式の当日はバタバタしますが、それでもできうる範囲でそれぞれの招待客にお礼を尽くしましょう。

さらに、結婚式を挙げたあとの態度も重要です。結婚式場にまで足を運んで、祝ってくれたことにも、改めてお礼を述べましょう。メッセージカードをだしたり、新婚旅行のお土産を渡すのもいいかもしれません。今までお世話になった人に感謝することは、今後の生活や人生にも大事な事柄です。また、社会人としての評価にも大きく関わってきます。